【⛰アウトドアカフェ会☕️】【開催レポート】

⭐️高千穂峰でマーベルヒーロー参上

開催レポート(2021/11/28)

⛰アウトドア&登山カフェ会☕️@霧島

『高千穂峰にスパイダーマン参上❗️』
ハロウィンでも仮装できるスーツを着て
頂上で撮影会が始まったカフェ会☕️


はじめに…

11月28日(日)は11時00分から
霧島の高千穂峰を会場に
“アウトドア&登山カフェ会☕️”を
開催しました❗️

今回のカフェ会☕️で
印象に残ったトークテーマは、
登山でもウケを狙えるコスプレ魂🕷
・トレッキングシューズの偉大さ🥾
・「ありがとう」で終わるコミュニケーション🤝

でした❗️

ご参加いただき

ありがとうございました😊✨


カフェ会☕️記念撮影📸

アウトドア&登山カフェ会☕️
@霧島(高千穂峰)
《2021/11/28》

運営サポーター視点👀✨

鹿児島カフェ会☕️
管理人のオヤマです❗️

今回のカフェ会☕️で
印象に残ったトークテーマは、
・登山でもウケを狙えるコスプレ魂🕷
・トレッキングシューズの偉大さ🥾
・「ありがとう」で終わるコミュニケーション🤝
でした❗️(゚▽゚)

、、、、、

『カフェ会前のウケポイント🤣』

今回の高千穂峰、、、
鹿児島カフェ会☕️登山部の
調査部隊長さんによると
事前難易度調査では⭐️3.5でした。

そんな中でも
3名の参加者と共に
スタート地点に立ち、
山攻略に向けて一歩一歩
進み始めたのが11時30分。

集合時間が11時00分で
ゆったりスタートなのが
アウトドア&登山カフェ会☕️の特徴。

『頂上でスパイダーマンの画像を撮りたい』

そんな意気込みを持って
参加されたカフェラーさんは
麓のトイレで事前に上着を脱げば
スパイダーマンになれるような状態。。。

登山開始前から
鹿児島カフェ会☕️らしさが
全開でしたね〜(゚▽゚)w

、、、、、

『四つん這いになるスパイダーマン』

上着を羽織った
スパイダーマンさんは
動きづらさについて
ずっと物申してました。。。

足場が
傾斜90度のビルじゃなくて
砂利になっているから
スーパーヒーローからしたら
物足りないのかな?

そんなことを考えていたら
高千穂峰も期待に応えるかのように
傾斜がキツくなっていきました。

すると、
マーベル映画のワンシーンを
再現するかのようにヒーローが
四つん這いになり出したんですよね。

そこで
一つ気づいたことがあったんですよ。

、、、
『足は変身しきれていない(゚▽゚)』

スーパーヒーローは
「ゼェゼェ」っと息切れをし出し、
高千穂峰の洗礼を受けて
リタイア寸前に追い込まれてました。

僕はトレッキングシューズを
履いているので問題ありませんでしたが、
ごく普通の運動靴を履いている
スパイダーマンさんは
「ズルズル」っと滑らせ
踏ん張りの効かない道の攻略に
難儀してましたとさ。。。(• ω •) ✧

、、、、、

『モフモフ頭はよく声をかけられる。』

他の登山客さんにお声がけをいただく
ケースがよく見られた今回の登山。。。

「人柄が滲み出てるんでしょうね。」っと
カフェラーさんに言われて
ちょっと嬉しくなった単細胞な管理人。

すると、
【お悩み相談&解消モード】
みたいな状態になるんですよね。

ゆっくり話せて
自然に触れるカフェ会☕️なら
一つの課題くらい
ブレイクスルーできる
キッカケに繋がる。

一緒に下山する中で、
ちょっとだけ深い話をしたんですよね。

、、、

あなたは
気を張る仕事をしている
“中間管理職”といったら
どんなイメージをしますか?

「上司と部下の板挟み」
「コミュニケーション」
「部下が思うように動かない」
「上司に都合よく使われる」
「責任が、プレゼンが、会社から、」
「…etc」

いつの間にか
プライベートの時間までも
仕事の頭になっていて
100%のリラックスができなくなる。
(大切にしたかったモノを見失う)

【僕はありました。】

、、、

対処しきれないくらいの
ストレスがかかると
負のスパイラルパターンを
自ら率先して形成しだす。

責める相手がいなくなると
自分自身をイジメ出し、追い込み
“イタチごっこの自暴自棄”が始まる。
(ベクトルが自分、自分に向く)

【僕はありました。】

、、、

【中間管理職】
僕はサラリーマン時代、
このポジションが一番
「やりがい」を
感じることができる
ポジションでした。。。

なぜなら
常に感謝や不安を
全力で表現できたから。

「ありがとうございます」
「おかげさまで」
「〇〇ができずに悩んでいる」
「手伝ってほしいです」

上司の話が面白くないときは
上司の話を面白くすることで
自分も部下も笑顔になる。

上司も部下も自分も欲しいのは
楽しい空間、リラックスした職場環境。

会社が求めているのは
質の向上、安全性などなど
言い出したらキリがないはず。

『僕は〇〇を大切にすることで
 会社が求めている〇〇に繋がると思い
 このような判断をしました。』

「的外れでしたらすみません。」
「クビにしてもいいです。」

そんな言葉が
いつでも言える気持ちで
ベストを尽くしての
コミュニケーションなら
それは誇りになる。

、、、、、

「小山が会社に来てから
 ホンット働きやすくなった。」

退職した今でも
当時の同僚からは
そんな言葉を言われます。

財産です。

、、、
少し脱線しましたが、
印象に残った対話が
こんな感じだったので
カタカタと書いちゃいました。

支離滅裂な状態で
開催レポートが終わるのが
僕の開催レポートです(゚▽゚)w

、、、
最後に一言。。。

『スパイダーマンさん、、、
 感動と笑いをありがとう。』


最後に…

今回の鹿児島カフェ会☕️の
開催レポートはいかがだったでしょうか?

もし
今回の開催レポートをご覧いただき
鹿児島カフェ会☕️にご興味を持たれた方は
イベントスケジュールへGO❗️



いつもこちらのブログを
読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。